歯を失っても、今までと変わらず生き生きとした生活を!
インプラント治療が見た目と機能を回復、あなたらしさをサポート。

当医院の院内感染症対策

患者様にお願いしている感染対策

①マスクの着用とアルコール消毒のお願い

当院では、新型コロナウイルス感染拡大に基づき、ご来院時に咳エチケットの励行とマスクの着用をお願いしております。 また、ご来院の際には、同伴の方も含めて、アルコールによる手指の消毒をお願いいたします。院内感染防止のため、ご協力の程宜しくお願い致します。
なお、ご来院いただく方は、入口や受付カウンターの前に玄関マットを敷いていますので、飛沫感染防止のため、靴底の汚れをよく落としてからお入りいただくようお願いいたします。

②来院時の検温・問診のご協力

ご来院の方には、同伴の方を含めて、検温をお願いしています。なお、検温の結果、37度を上回る場合には、診察を見送らせていただいております。
また、来院されるすべての患者さんに新型コロナウイルスに関する問診票をお渡し、ご記入いただいておりますので、ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

③診療や治療に関するその他の各種感染防止対策

37度以上の発熱、咳が止まらない等の症状がある方は、事前にご連絡いただき、ご予約の変更をお願いしております。
75歳以上の高齢者と基礎疾患のある患者様については、症状をお聞きした上で、緊急性のない治療や処置の延期、治療間隔などをご相談させていただいております。
治療前には、口腔内の滅菌対策として、うがい(洗口)・歯みがきを実施いただいております。
高齢者施設への往診については、施設内への入館対策に従い、実施いたします。

息苦しさ、発熱やせき・息切れ・倦怠感や味覚の異常などがある方、新型コロナウイルス感染症の患者様と濃厚な接触があった方は、必ず事前に最寄りの保健所あるいは医療機関に電話で相談し、指示を受けて いただきますようよろしくお願い致します。

当院の新型コロナウイルス感染対策の取り組み

  • ①定期的な換気

    受付カウンター前の入口を開放し、換気を行っております。待合室には、加湿空気清浄機を設置しています。また、診療室には次亜塩素酸加湿器も設置し、空間全体の消毒を行っています。

  • ②感染防護具

    医療従事者は、診療中はマスク、ゴーグル、フェイスシールドを着用し、感染対策を徹底しております。 また、グローブ・エプロンなど口腔衛生用品を患者様ごとに交換し、接触感染を防止しています。

  • ③エアロゾル対策

    歯を削ったり、入れ歯や銀歯を調整するときには、エアロゾル対策をしています。全ユニットに口腔外バキュームを設置し、エアロゾルを空気中に拡散する前に吸引し院内の環境を守ります。

  • ④ユニットの清拭

    患者様毎に診療台や操作パネルだけでなく全ての周辺機器の清拭消毒を行い、清潔な診療をしています。

  • ⑤各種治療機器の滅菌・除菌

    患者様用の紙コップや紙エプロンなどは、ディスポーザブル製品を使用しております。バーやタービンなどのハンドピースは患者ごと交換し、オートクレーブにより、患者ごと、または処置ごとに、器具機材などの滅菌を行っております。

  • ⑥共用エリアの除菌対策の実施

    待合室のほか、ドアノブ、取っ手などの共用物の除菌対策を実施しています。また、スタッフが診療外の共有エリアから診療エリアに入るときには、エタノール配合のハンドジェルで手指の除菌や消毒を行い、天然アロマのスプレーでマスクの除菌や消臭を行っています。

  • ⑦医療スタッフの感染対策の徹底

    スタッフは、毎朝の検温を義務付け、問診を実施し、記録を付けています。また、プラセンタを飲んで免疫力の向上を図っています。

当院の感染予防対策設備

  • UVGI紫外線照射装置「エアロシールド」

    紫外線の中でも最も効果が高いとされているUV-C(紫外線C波)を照射し、高さ2.1m以上の天井付近に紫外線ゾーンを作り、屋内で起こる空気の自然対流を利用して空気中の浮遊菌を減少させる装置です。
    人が集まる空間に適しており、医療施設(病院、クリニック)以外にも、保育園、幼稚園、大型スポーツ施設などでも使用実績のある設備を当院でも導入しています。

  • 待合室への加湿空気清浄機の設置

    待合室には、濃度の高いプラズマクラスターイオンの加湿空気清浄機を設置しています。 ウイルスの生存しやすい環境になった場合(乾燥・低温)に、自動で加湿空気清浄運転に切り換えて、浮遊ウイルスの作用を抑える働きを持ちます。

  • アクリル型パーテーション

    飛沫感染防止のため、受付カウンターに透明なアクリル板のボードを設置しています。
    院内スタッフは随時マスクを着用して対応しております。

  • アルコール消毒

    当院では、ご来院頂く患者様に接触による感染を防ぐため、アルコール消毒をお願いしております。受付カウンターにございますので、手指のアルコール消毒のご協力をお願いたします。

  • ソーシャルディスタンスを確保した待合室

    ソーシャルディスタンスの確保のため、待合室の座席は間隔を開けて配置しています。お客様同士の空間をできる限り広くとっていただけるようになっています。

  • 口腔外バキューム

    口腔外バキュームは、強力な吸引力で治療中に発生する細かい削りカスなどの飛沫や、治療中に発生する唾液、血液等の飛散を発生源から防ぐことで、飛沫感染対策のリスクを下げています。

  • 滅菌機の設置

    タービンや治療器具機材などを滅菌し、殺菌しており院内の感染防止をしております。

Concept

歯を失った箇所を、
自分の歯のような
見た目と噛み心地を回復する
「インプラント治療」

「インプラント治療とは、無くなった歯のあご骨の部分に人工歯根を埋め込むことによって、異物感がなく、物を噛むことが出来るようにする治療法です。
噛む感触を取り戻せるため、食事が美味しく味わえます。
また、ブリッジのように健康な歯を削る必要もなく、入れ歯のように毎回取り外す必要もありません。
※インプラントはすべて自費診療となります。

Problem

こんなお悩みはありませんか?

  • 歯を失ってしまった
  • 入れ歯やブリッジが合わない・痛む
  • ブリッジの金属が溶け出し、歯茎が黒ずんでしまった
  • 事故や先天的な理由で歯を失ってしまった
  • 他院でインプラント治療を断られてしまった
  • 見た目を美しく仕上げたい
  • 噛み合わせや噛み心地にこだわった治療を求めている

Implant

インプラント治療のメリットデメリット

メリット

天然の歯と同じような感覚で食べ物を噛むことが出来ます。
天然の歯と変わらない、またはそれ以上の見た目になります。
ブリッジや入れ歯のように回りの歯に負担をかけません。
かみ合わせを改善することができます。
失った歯の数が多くても噛む力が回復可能です。

デメリット

手術が必要となります。
治療期間が長くかかります。(約3ヵ月~1年)
保険が適用されず、治療費が高くなります。

インプラント治療に適した方

あご骨の状態を検査して、問題が無ければ手術は可能です。高齢の方でも、あごの状態が良好で全身の疾患が無ければ、インプラントは可能です。

インプラント治療に不向きな方

あごの骨の量が少ない方、スペースが無い方
重度の歯周病、根の病気、感染症がある方
全身の慢性疾患のある方
ヘビースモーカーの方、毎日アルコールを飲む方、チタンにアレルギーがある方

タバコを多く吸われる方へ

タバコを毎日吸う方、ヘビースモーカーの方のインプラント治療は適しません。
タバコに含まれるタールやニコチンは血管を萎縮させるため、インプラント手術の際、傷口の治癒能力を低下させてしまい治癒が遅くなったり傷が開きやすくなります。
インプラントを検討されている方は、インプラント手術期間中はもちろん、治療終了後も禁煙することが望ましいです。

Comparison

歯を失った場合の他の治療法と比較してみましょう。

  • 入れ歯

    歯を失った部分の型を取って人工の歯を作り、ピンク色の床の上に取り付け、それ自体をご自身の歯にバネで引っ掛けるようにして装着します。
    治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など、治療方法が異なります。

    メリット ブリッジでは対処できない大きな欠損にも対応可能です
    治療が簡単で、保険適用の範囲が広いため、費用を抑えることができます
    デメリット 天然歯の2~3割の能力しかなく、硬いものなどが噛みにくくなります
    食べ物が挟まって不衛生になりやすい
    歯根が無い状態なので顎骨が痩せてきます
    定期的な調整と作り直しの必要があります
    装着に違和感を感じる方が多いです
    発音に影響を与えることがあります
    留め金のバネが目立って見た目に影響します
    支えにしている周囲の歯に負担がかかり虫歯になりやすくなります
  • ブリッジ

    失った歯の左右両隣の歯を削り、それらを支えに人工の歯を橋のように渡しかける治療方法です。
    支えの分と合わせて、基本的に義歯3本が1セットとなります。失った歯が少ない場合に適しています。

    メリット 違和感が少なく、入れ歯よりも噛む能力が高い
    天然歯と変わらぬ審美性の高い修復ができます
    短期間で治療を終えられます
    デメリット 失った歯が多い場合には適用できません
    ブリッジを支えるために両隣の健康な歯も削る必要があります
    構造上、食べ物が挟まりやすくなります
    歯根が無いので顎骨が痩せてきます
    支えにする両隣の歯に負担が大きく、将来的にそれらの歯も失うリスクが高くなります

Greeting

ご挨拶

当院では、極力削らない・抜かない治療をモットーとしており、インプラント治療は周りの健康な歯に影響を与えないため、歯を失った方にオススメできる優れた治療方法です。
手術を伴うため治療を踏みとどまってしまう方もいますが、入れ歯やブリッジと比べて使用の違和感も少なく、見た目もご自身の歯のような仕上がりが可能です。
安全な治療のため、精密な診査・診断を行い、ご納得いただいてから治療を進めてまいりますので、まずは安心してカウンセリングにいらしてください。

Gallery

院内ギャラリー

03-6279-7789
診療時間 日・祝
10:00~13:00 -
15:00~20:00 -

▲土曜午後 15:00~18:00
休診日:日・祝

〒177-0044 東京都練馬区上石神井2-26-7 TKビル2階
西武新宿線「上石神井駅」北口より徒歩30秒
駐車場:1台分有り。駐輪場もあります。

© 練馬区のインプラント専門ガイド|上石神井くろだデンタルクリニック. All Rights Reserved.